風俗の二極化

これから風俗業界ではたらこうかなと思っている人にとっては、現在の風俗業界はどうなっているのか?これからはどうなっていくのか?ということがとても気になることかと思います。
現在の風俗業界においては、サービスの二極化がどんどんと進んでいっています。
ひとつは、値段が高く、サービスも充実している高級ソープランドなどの高級店がどんどんと増えていっているという側面です。
高級店がどんどんと増えていっているという要因としては、日本全体の経済の状態が上向きになってきており、その富裕層をターゲットにすることで、少ないお客様で沢山稼ごうとする動きが活発化しているということから来ているのではないかと思います。
高級ソープランドなどの高級店では、120分で60000円を超えるような料金が平均的であり、お店の利益もかなりのものを得ることができます。
長い時間のサービスによって高いお金を稼ぎ、サービス内容の充実によってお客様を獲得しています。
高級店は固定客が多いので、安定した収益を上げることができるというのもとても重要なポイントです。

それとは全く逆の、格安ソープランドなどの安価な料金の風俗店も最近ではどんどんと開店されてきています。
格安のお店では、とても手軽な値段で単純なサービスを提供することでお金を稼ぐという仕組みになっています。
なぜ格安店が増えているのかというと、風俗店に対して手軽さを求めるお客様が増えてきているというのが背景にあるようです。
特に、30分で5000円程度のお店は、年々売上が上がってきているようです。
お店側は、客単価ではなく客数をとることでお金を稼いでいます。
働く側としては、そこまで複雑なサービス内容を求められないので、女性の働き手が集まりやすいというメリットも、格安店にはあるようです。
格安だから女の子のレベルが低いのではないかというのが普通ですが、最近ではサービス内容の単純さゆえにレベルの高い女の子が格安店にもどんどんと集まってきているようなのです。
これから、風俗業界で働こうと思う人にはこのどちらかから働く場所を選ぶと、長く働くことができるかもしれません。

ただ、風俗業界で働く時にどうしても気になってしまうのが、風俗業界を辞めた後にどうすればいいのかということです。
風俗業界では、定年はありませんが肉体労働ですのである程度の年齢がくれば引退しなければなりません。
その後どのように生きていけばいいのかという不安があり、なかなか風俗業界で働くことを決断できない人がいるのかもしれません。
ここからは、風俗業界を辞めた後のサポートをしてくれる会社など、色々な働きかけが行われているということを詳しく見ていこうと思います。